#ごめんでもまったく悪いと思ってないから

男性は、人に対して謝るということが本当に得意ではありません。少なくとも女性から見ると、そう言えるでしょう。それは一体、なぜなのでしょうか?

幼少期の初期の段階から、女性と男性はそれぞれ異なる方法で学び、成長します。子供の頃、男の子は一般的に大きなグループを作り、競争するようなゲームやアクティビティを通して遊びます。一方、女の子はより少数のグループで、遊びの内容に関してもお互いに協力的で、会話中心のものになります。そのため女の子はより人に対してオープンで、会話に順応できるのに対し、男の子はより自己防衛的で、競争的なコミュニケーションのスタイルになるのです。

それぞれ成長した後も、男性はやはり「ごめんなさい」と謝ることが苦手です。謝るということは男性にとって大きなリスクがあるからです。というのも、謝ることで自分が弱者と見られたり、からかわれたり、嘲笑されたりするかもしれないような過ちを認めることにつながるからです。一方、女性は謝ること自体にそれほどリスクを感じていませんし、女性の間ではごく普通のことです。

この問題を回避する一つの方法は、子どもの発育の早い段階でこの課題に取り組むことです。子どもたちにはより異性と交流し、コミュニケーションの練習となるグループ活動のようなものに取り組ませるといいでしょう。

しかし、もはや大人の私たちは今から何ができるでしょう?その方法はこちらの記事で見つけてくださいね。: https://www.psychologytoday.com/gb/blog/between-us/201911/hes-not-sorry

Translation: Megumi Nishijima 西島恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です